• 創業20年、横浜で看板を作るなら当社にお任せ下さい

皆様こんにちは。

ブログを担当しております「久保田」と申します。

昨日・今日と台風21号が猛威をふるいましたね。関西空港の連絡橋にタンカーがぶつかってしまうなんて

想像もしておりませんでした。

足場が崩れたり、屋根が飛んだり、車がひっくり返ったり、改めて風の力は凄いなと感じました。

ローソンの置き看板が風で勝手に走って行ってしまっているのもありましたね。

なんでも川崎麻世さんのご実家の飲食店の看板も飛んだとか。。。

やはり風は怖い。私達看板の製作・施工会社も強風が吹くと聞くと非常に嫌な感じがしますね。

看板が飛んでいかないかとてもとても心配になります。

幸いなことに横浜看板では創業以来20年間そういった看板が飛んでしまった報告は受けておりません。

どんな暴風にも負けないようにしっかり取り付けているからだと自負しています。

前の記事にも書きましたが野立て看板など当店では必ずモルタルを入れるようにしていますが

すべての業者がそうではありません。穴を掘って掘った土で穴を埋め返すだけという業者さんも

おります。

設置している期間にこういった強風・暴風が吹かなければ良いのですが、いつ吹くか分かりませんので

ご依頼を受けた以上、当店では責任を持ってガッチリ固定しています。

飛んでいったら大変ですからね。

皆様も看板を設置する際は暴風が吹くものだとして設置してくださいね。

もちろん、当店にご依頼いただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。